大阪鶴見区 女性限定 じんエアブラシ教室 



【エアブラシアート添削クラブ】添削の例
会員さんから、2枚の画像を送っていただきます。
描いた絵 見本写真
 
会員さんからのコメント
「犬を描いてみましたが、毛並みをどう描いていいのか分かりません。顎の下は失敗しました。」

以下が私からのアドバイスです。
1、赤マークのところ:
鼻の明度が明るすぎますね。鼻は5に近いです。もっと暗くしましょう。

2、頭の黄色マーク:頭の中で一番明るい部分がどこなのか?よく見ましょう。一番明るいところで、明度は2です。
黄色マークのあたりなので、1に近い明るすぎる部分はもう少し暗くしましょう。

3.ピンク色のところは線になってしまっています。

ご質問の毛並みの描き方にも通じることなのですが、毛を一本づつかくのではなく、もう少し大きくとらえます。

耳のあたりで、明るい部分はどこなのか?
暗い部分はどこなのか?

そうすると、黄色マークのところが明るくて(明度3)、黄緑マークのところが暗め(明度4)、という事がわかります。

毛なので、線を入れたくなりますが、まずは大きくとらえて、面として描いてみましょう。

耳の黄色マークは明るい部分で、緑マークのところが暗い部分です。

4、水色マークのところが、ちょっと逃げすぎっていいますか、もう少ししっかり描きましょう。

5、紫は失敗ですね、エアブラシは油断大敵です(^-^;

6、全体アドバイスとしては、
毛を描こうと思うのではなく、まずは明るい部分と暗い部分に意識を向けてください。
その後に、毛並みを薄く入れていきます。

目の辺りは細い線も描けていますね^^。
これね、薄くて細い線も描けるようにするともっと良くなります。

練習方法は、通信講座、課題の8、9、10を重点的にします。講座では初級向けだったので、わりと太くて濃くても合格でした。
今後さらにキレイな絵を描くためには、この線を薄く&細くしていく必要があります。

がんばってくださいね^^


こんな風に1枚づつ見本画像と比べて添削アドバイスします。
アドバイスするにも、結構、時間がかかります。
なので、今後、値上げする事はあっても、値下げする事はありません。

会員さんの作品画像&添削画像&アドバイスは、匿名で私のHP、ブログにアップする事があります。
どうしてもイヤな方は、前もって言ってくださいね。

見本画像はモノクロに限ります。(通信講座のカラーコースが出来たら、カラーも添削する予定です)
 


 ■お申し込み手順

1、ここからお申し込みしてください→ お申し込みフォーム 

2、お支払が完了したら、翌月1日〜月末まで有効です。1か月単位です。


■お問い合わせは

*お問い合わせフォームは→「お問い合わせフォーム」

*メールはこちら→info@jin-house.com (インフォ@ジンハウスドットコム)

*お電話はこちら→TEL 080-3790-9677


この添削クラブを上手に利用して一気に上手くなりましょう!


エアブラシアート添削クラブはこちら